アフリカの空をドローンが飛ぶ日

(引用 http://www.unicef.org/media/media_90462.html)

こんにちは!今回は最近話題の「あの機械」についてです。

 

(引用 http://www.unicef.org/media/media_90462.html)

(引用 http://www.unicef.org/media/media_90462.html)

 

みなさんはドローンをご存知でしょうか?2015年に起きた首相官邸への無人機落下事件で、初めてその名前を聞いた!という方も多いでしょう。

 

ドローンとは、無人で遠隔操作や自動制御によって操縦できる航空機の総称です。人が乗っていない超小型のヘリコプターのようなものを想像してみると一番近いと思います。

 

首相官邸での事件のように、物騒な使い道で注目されがちですが、ドローンの持つ可能性はそれだけではありません。

 

アメリカではアマゾンやウォルマートがドローンの活用を目指して実験を行っていますし、日本でも今年4月に千葉県で商品宅配サービスの実験が行われて話題になりました。

 

このドローン産業に最も期待を寄せている地域、皆さんはどこだと思いますか?

 

中国?アメリカ? 確かに、彼らはドローン製造やその技術では最先端を走っています。

 

しかし、ドローンの利用先としては今、アフリカが注目されているんです!

 

そもそもドローンを利用する場所として、アフリカはなぜ注目されたのでしょうか?

 

その答えは、アフリカの人口密度の低さにあります。

 

アフリカはよくイメージされるように、サバンナや砂漠など、人間が住んでいない地域が多く、墜落事故が起こった際でも被害が起きづらい環境にあります。

 

その一方で、(国にもよりますが、)山岳地帯や河川などの地形の問題で道路などが整備されていない地域も多く、人の移動が制限されてしまっている現状があります。

 

そうした場所において、道路や鉄道などの大型交通インフラを整えるよりも安く、同時にそうしたインフラを利用するよりも早く(ドローンは飛んでいるため、時速60~100km出ます。もちろん渋滞もないです。)物資を運ぶ手段として、ドローンが注目されているのです。

 

例えばルワンダでは、世界で初めてのドローン・ポート、つまりドローン専用の空港の建設プロジェクトが昨年始まりました。

 

Foster+Partnersより

Foster+Partnersより

 

このプロジェクトを推進しているのは、イギリスの設計事務所であるFoster+Partners。北京の世界最大の空港を手がけたノーマン・フォスター氏が、この世界で一番小さい空港を手がけ、2020年までに3ヶ所のドローン・ポートが建設される予定です。

 

そして、アメリカのベンチャー企業Ziplineのドローンが、輸血用血液などの医薬品を各地に運ぶことになっています。

 

またマラウイでは、HIV検査の日数短縮のため、政府とユニセフによってドローンを使った血液輸送の実験が始まりました。

 

このように医療分野を中心に進められているアフリカでのドローンの利活用は、2019年には商業利用も可能になりそうです。

 

もっとドローンの最新事情について気になる方は、ぜひ参考資料として挙げた記事を読んでみてくださいね!

 

 

参考資料

・アフリカとドローンについて

「『ドローンが進んでいるのはインテルとアフリカだ』高城剛氏がドローンの最新事情を解説」, 日経トレンディネット, 2016,(http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1003590/061400328/?rt=nocnt

“« Il y aura un usage commercial de drones-cargos en 2019 »”, le Monde, 2015, (http://www.lemonde.fr/afrique/article/2015/06/15/il-y-aura-un-usage-commercial-de-drones-cargos-en-2019_4654491_3212.html)

“L’entrepreneur qui veut fabriquer des drones au Cameroun”, le Monde, 2016, (http://www.lemonde.fr/afrique/article/2016/03/30/l-entrepreneur-qui-veut-fabriquer-des-drones-au-cameroun_4892576_3212.html)

・ルワンダのプロジェクトについて

「[小林啓倫のドローン最前線]Vol.02 世界初のドローン専用空港、ルワンダに建設予定」, DRONE, 2015, (http://www.drone.jp/column/20151019111909.html)

「ドローンを活用した輸血用血液の輸送サービスがルワンダで始動!」, TECHABLE, 2016, (http://techable.jp/archives/43017)

“Le Rwanda accueillera le premier drone-port au monde”, le Monde, 2015, (http://www.lemonde.fr/afrique/article/2015/10/12/le-rwanda-accueillera-le-premier-drone-port-au-monde_4787616_3212.html)

Zipline (http://flyzipline.com/product/)

Foster+Partners (http://www.fosterandpartners.com/news/archive/2015/09/proposals-for-droneport-project-launched-to-save-lives-and-build-economies/)

・マラウイのプロジェクトについて

“Malawi tests first unmanned aerial vehicle flights for HIV early infant diagnosis” , Unicef, 2016, (http://www.unicef.org/media/media_90462.html)

Leave a comment

Your email address will not be published.

*