マラウイ研修 2018

ブランライア観光!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8/22

午前中は早く帰るメンバーをブランタイヤの空港まで送りました。ブランタイヤの空港はカムズ国際空港よりもさらに簡素な作りで、1つ目の入り口の目の前に荷物検査が行われて、スーパーコンパクト!

そこからブランタイヤのローカルマーケットへ。正直、日本人の感覚で行くと暗くて生臭くて衝撃的です。国民の50.7%が国際貧困ライン以下、つまり1.9$/日以下で暮らしているとはこういうことだと目の当たりにしました。例えるならば、戦後の闇市。食べ物や日用品、チテンジと呼ばれる伝統的な大柄が素敵な布(腰から巻いてスカートのようにしてよく使われます)、手編みの藁を編んだようなマットなど様々な商品が並んでいます。これを売るのかというくらい砂埃を被ったり、日に焼けた商品も店頭に並びます。商人たちは食べたものもその辺に捨てるのでハエがすごい。私がマラウイのマーケット嫌いと思われる描写かもしれませんが、これが見たものです。現実を見ることができて貴重な経験でした。1人で歩くのは心細いですがマラウイ人は推しは強くないです。断ればスッと引いてくれます。見守ってくれたマラウイ人ドライバーのモーリスに感謝!

続いて、St. Micheals and all angels churchを見に行きました。青いステンドグラスの明るい教会でした。1800年代中頃からこんなアフリカの内地にキリスト教徒が布教に来ていたと思うと、植民地開拓の猛烈な勢力に恐怖すら感じます。ミッションスクールの方や教会が好きな方は心ときめくことでしょう。ここでも最後ドネーションボックスがあるよ、とまたお金の話がされて、顔を見合わせてしまう一同、うーん笑

本日はゾンバ-ブランタイヤ間の長距離移動日でしたが、みんなの高いテンションで車内も盛り上がっておりました。本日は宿でホットチョコレートでも飲みながらゆっくり休みましょう〜〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*