タンザニア研修勉強会!!12月3日

私たちタンザニア研修参加者一同は12月3日に東京外国語大学にてタンザニアの政治経済及び宗教・教育の基礎知識についての研修を行いました。MPJ Youthの勉強会で東京外国語大学を利用するのは珍しいことで、新鮮な気持ちで勉強会に臨むことができました。
「政治経済の基礎知識」では、政治に関して日本とは異なるところ(タンザニア本土とザンジバル島嶼部の行政の分割・大統領権限の大きさなど)に焦点を当てたプレゼンがなされました。経済に関しては、1次~3次産業に占める労働人口比率、インフォーマルセクターの拡大や土地の所有権に関する問題を扱いました。このプレゼンを通して、現地の政治経済についての概要を、政治経済以外の個人研究テーマの人も共有できました。
「宗教・教育の基礎知識」では、本土と島嶼部におけるクリスチャンとムスリムの比率の違いや、それ以前から存在して外来宗教に影響を与え続けている在来信仰などに関することを学習しました。加えて、スワヒリ語と英語の二言語によって行われる教育についても、スワヒリ語から英語への移行や就学率等について学び、現地の人々がどのような教育の元で幼少期を過ごしたのかをある程度把握することができました。
最後に確認テストを行ったのですが、私(ブログ作成者)個人的に難しかったのは「大統領の名前」でした。正解は「マグフリ」大統領なのですが、「マグフリ」なのか「マグリフ」なのかわからなくてパニックになった私は、「マグリフ」と書いて間違えました・・・。(でも、もう覚えたんで大丈夫ですよ!)

Leave a comment

Your email address will not be published.

*