アフリカンコラム 「TED Talksでアフリカを学ぶー女性が太鼓を叩くのはダメ?ー」

こんにちは!東京外国語大学Rです。

いきなりですがみなさん、TED Talks知っていますか?英語の勉強に使っていますなんて人もいるでしょうか? 

TED Talksとは、あらゆる分野の講演者による多彩なトークが詰まった動画配信サービスのことです。この学びの宝庫の中にはもちろん「アフリカ」に関連する動画もたくさんあります。アフリカに蔓延る諸問題を扱ったトークから、最新ポップカルチャーに至るまで、様々な学びがあります。 

今回のコラムでは、その中から一つを選んで紹介したいと思います。 

 

講演:「太鼓で奏でる私の物語」 Kasiva Mutua ”How I use the drum to tell my story”(2017) 

How I use the drum to tell my storyIn this talk-performance hybrid, drummer, percussionist and Twww.ted.com  

 

本講演では、ケニアの打楽器演奏者Kasiva Mutuaがアフリカ地域社会において女性が太鼓を演奏することについて、自身の体験を踏まえながら語っています。講演の後半は、彼女自身によるパフォーマンスも。内容と、僕が感じたことを3つにまとめてみました。 

 

①女性は太鼓(打楽器)を演奏しないという伝統 

 Kasiva曰く、多くのアフリカ地域社会では、昔から女性が太鼓や打楽器を演奏することが禁止され、タブー視されてきたそう。男性が楽器を演奏しリズムを刻み、女性は歌や踊りの担当ということです。また、女性が太鼓を叩く姿は卑しいものとされる場合もあるそうです。
 現代の潮流を考えると、こういった情報があればすぐにでもフェミニズム的な観点から批判してしまいたくなる人もいるでしょうが、それは早まった考えだろうと僕は思います。もっと多くの状況(データ)を集め、現地の文脈を考慮しなければ、表面的な理解に留まってしまうだろうと思うので、難しい問題です。 

 

②社会によって刷り込まれる女性の「役割」 

Kasivaによると、彼女の属する社会では、幼い頃から「女性は台所で働くべきだ」といったような「役割」が知らず知らずのうちに刷り込まれてしまっているといいます。これはどこの社会にも通ずるところがあるのではないでしょうか
 「社会の眼」は怖いです。自分が正しいことをしていると信じていても、「社会の眼」は冷酷な視線を刺し続けますKasivaは打楽器のインストラクターとして活動している時に、打楽器を演奏したいという女性に多く出会ってきました。しかし、彼女たちが声を揃えて嘆くのは、「私を見てくる周りの目が怖い。」や「打楽器を演奏することを夫が許してくれない。」など、ネガティブなものばかりであるそうです。 

 

③誰もが文化の担い手 

 ②で書いたような向かい風の状況にも関わらず、活動を続けていくKasivaのような人には尊敬の念を抱かざるを得ません。彼女たちがそこまで身を入れて太鼓を叩くということは、太鼓を演奏すること自体にもの凄く大きな魅力があるに違いないでしょう。
 太鼓はアフリカの文化にとって欠かすことのできないもので、昔から重要な存在です。しかし、それはかつてのような重みをもっているわけではないという事実もありますKasivaはその状況を変えようと、活動を続けていますKasivaは文化の担い手は男性だけではなく、女性ももちろんそうであると主張します誰もが文化の担い手であるという彼女の想いは、彼女が太鼓を使って奏でる「語り」からしみじみと伝わってきます。ぜひTED TalksやYouTubeでチェックしてみてください。 

また、Kasivaのように伝統を打ち破り、文化を継承している女性の演奏者は多くいるので、それを調べてみるだけでも面白そうですね! 

 

 

それではこの辺で。 

読んでいただき、ありがとうございました! 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください